切り花を長く楽しむ為の水揚げ方法と管理方法

お花がお部屋にあると雰囲気が明るくなります。お花を頂いたり、買ってきた時には、少しでも長く楽しみたいものですね。

お花を飾る前や、アレンジメントにする前に、ひと手間、かけておくだけで、お花のもち方がずいぶんと違うんです。そんな方法をご紹介します。

ビオラ画像

お花をいける時の注意

●菌の繁殖を防ぐために、はさみやナイフ、花器などの道具は清潔にしておきます。

●いける時前には必ず水あげをします。 (お花屋さんから購入したり、頂いたお花は、ほとんどの場合、お花屋さんが水あげしていますので、いける前に切り戻しだけで大丈夫です。切り戻しは茎を2cmほどの所で、斜めに切って下さい。お庭やご自分で栽培したお花などは、水揚げをして下さい。)

●手の温もりが伝わると、花材が弱るので、持つときは軽く持つようにします。

切り花の水揚げ方法

お花を飾る前に水あげをしましょう

植物の体内には、水分を運ぶための導管が通っていて、 植物はこの導管の毛細管現象と、葉からの水分の蒸散によって働く力で吸収します。 その為、強い光や高温、風などで葉の表面のが乾燥すると、吸水と蒸散のバランスが崩れて、しおれてしまいます。 その他にも、水あげを悪くする要因として、切り口から入り込んだ空気や 雑菌による腐敗、樹液や乳液などで 導管がつまる事などが考えられます。

このような悪条件を取り除き、吸水を助けるために水あげはとても大切な事になります。

1.水切り

水あげ画像 清水を張った容器の中に茎を入れ、はさみで茎を斜めに切ります。斜めに切るのは表面面積が広くなるので水分吸収がよりよくなる為です。空気中で花材を切ると、切り口から導管に空気が入るため、水にさしてもこの空気が妨げとなり、花材がに水が上がりませんので、 水中で何回か切り戻す事で、空気の入った部分を落とし、導管中の水とつなげて水あげをはかります。


2.切り口を焼く

根焼き画像 始めに水切りをします。次にお花の上部(3分の2)を新聞紙などで軽く包みます。(茎をむき出しにします。)熱気でお花が痛まないように保護します。同時に容器に水をはった物も用意しておきます。ガスコンロの火を付け、火に対して斜めにお花の茎を焼きます。根本1〜2cmほど黒く炭化するまで直火焼きしたら、すぐに水をはった容器に茎をつけ、そのまま水あげします。 この方法は特にバラにおすすめです。水が下がり、もうダメかと思うほどくったりしたバラも、 根焼きし深水につけておくと、翌日には元気にしゃんとしたバラになります。 火を使うので、くれぐれもやけどしないよう、必ず火に対して斜めにお花を向けて焼いて下さい。


3.お湯あげ

湯あげ画像 始めに水切りをします。 次にお花の上部(3分の2)を新聞紙などで軽く包み(茎をむき出しにします。)湯気でお花が痛まないように保護します。同時に容器に水をはった物も用意しておきます。浅い鍋に水を入れ沸騰させます。沸騰させたまま、茎を3〜5cmほどお湯に入れますが、このとき、湯気が上に上がり、手元が熱くなり危険ですので、必ず、鍋に向かって斜めに入れます。10〜20秒ほどお湯に茎をつけたら、すぐに水をはった容器に茎をつけます。そのまま水あげします。 茎が変色しますが大丈夫です。この方法はバラや菊、ガーベラなど、ほとんどのお花に有効です。 とくに水が上がりにくい枝物に有効です。

切り口を焼いたり、煮たりする事は、導管中の水分が膨張し、この圧力が水分を押し上げて、水に戻すと勢いよく吸収します。切り口の樹液や乳液によるつまりを防ぐ事や殺菌も兼ねています。


4.根元を割る、裂く

根を裂く画像 固い枝物(ライラック・おおでまり・あじさい等)は 水あげが悪いので、根本の茎5cmほどを裂いたり、ハンマーでたたいて砕いたりします。 ライラックはカッターで茎の皮を10cm程剥くとよいです。根元を割る事により、接着面を広げ、吸収面をアップします。 裂く


5.ポンプを使う

睡蓮やハスの花のような水辺の植物には、水あげ用のポンプを 使い、 切り口から水を注入します。


6.市販の切花延命剤

現在、たくさんの市販の切花延命剤が出回ってますが、これらを使用すると本当に花持ちが違います。 お水を綺麗に保ってくれる作用がありますので、頻繁な水変えの必要がなく、 上記方法で水あげした後、切花延命剤を入れた花瓶にお花を飾る事が一番長持ちの方法だと言えます。


7.その他

切り口を酢やハッカ油、アルコールなどに浸したり、塩をつけたりすると、刺激が吸収を促進し、殺菌作用もあり、

効果があると言われています。


お花が弱っていたら

逆水をかける

逆水 葉がたくさんついているものや、広葉のもの、野草などは、葉からの水分蒸散が多く、すぐに弱ってしまう物があります。お花が弱りかけたら、逆さにもち、上から葉の裏側に水をかけます。裏側に水をかけるのは、水分の蒸散が主に葉の裏側で行われる為です。逆水をかけた後は、軽く湿らせた新聞紙などで全体を軽く包み、花材を休ませる為に、涼しい所で1〜2時間ほど、横に寝かせておきます。 元気が戻ったら花瓶に活け戻します。


深水をする

逆水 水をたっぷりとためた、深めの容器に花材をまっすぐにたてて 水圧で水あげを助ける方法です。花材がななめになると水圧がかからないので、まっすぐにたてやすい容器を選び、 花材を休ませるために、風や光の当たらない涼しい場所で行います。


お花の包み方

お花を持ち歩く時は、根元を濡れたティッシュで包み、風に当てないように、全体をゆったりと包みます。 このとき、ビニールなどで密閉してしまうとお花の呼吸を妨げ蒸れてしまいますので、必ず空気の入る所を作ります。花包みは、根元を軽く握り、逆さまに持ちます。持ち歩いた花材は、必ず水切りし、深水をしてから、花瓶にいけると良いです。

お花をいけた後の管理

●活けたお花は直射日光や風の当たらない場所へ飾ります。エアコンの吹き出し口の近くや、冷暖房の風が直接当たる所は避けるようにしましょう。

●花器の水が少なくなったら、水つぎをしましょう。乾燥しやすい場所や季節は、早く水が減るので、早めにつぎたします。特に、小さな花器や浅い花器にいけた場合、たくさんの花材を活けた場合などは気をつけるようにしましょう。

●乾燥する時は葉の裏側に霧吹きするのもよいです。また、水に浸かる部分の葉は、活ける時にきれいに取り除いておきます。葉が水に長くつかると、そこが腐れて、細菌繁殖の原因にもなります。

●きれいな水は花にとっても良く、またガラス花器などは、水の美しさも鑑賞用として大切なので、水替えをこまめに行います。みょうばんを加えると清潔に保つ効果があります。

●長くもつ花材でも、時々は上記の方法で水切りし、養います。

●咲き終わった花やしおれた部分は取り除き、お花に負担を掛けないようにします。 少しずつ短く活け替えるとお花の違った表情が楽しめます。最後は花首だけガラスのお皿に浮かべても綺麗です。 まめに水切りすると最後まで楽しめます。

コメントを残す

サブコンテンツ