八重咲きガクアジサイ「ダンスパーティー」が今とっても綺麗です。

あじさいダンスパーティー




当店のある長崎市の市花は「あじさい」です。

アジサイは長崎とゆかりの深いシーボルトが愛した、「楠本滝:通称、お滝さん」の名前から
「おたきさんばな」→「オタクサ」と呼ばれ、シーボルトがハイドランジア・オタクサという学名を付けました。
(現在では使われていないそうです。)
憂鬱になりがちな梅雨時ですが、あじさいは雨によく似あって今が一番きれいです。

紫陽花の品種はたくさんあり、日本には約150種、ヨーロッパで改良された園芸品種が400~500種あるそうです。
その中でも、ピンクの八重咲きガクアジサイ「ダンスパーティー」がとても愛らしく
大好きな品種なのでご紹介いたします。

加茂花菖蒲園さんのオリジナル品種ですが、八重の星型ガクが、ユラユラ揺れるとダンスパーティーで踊っているみたいと言う事で
付いた名前だそうです。こちらにはたくさんのオリジナルあじさいがあって、どれも本当に綺麗です。

ちなみに、お気に入りは、
コサージュ

てまりてまり

雨の物語 

綿帽子(わたぼうし)など、どれも綺麗で、写真だけでも癒されますね^^

アジサイは土が酸性土とアルカリ土で花の色が変わる植物なので、お気に入りのダンスパーティーは花色が変わるのが怖いので、地植えせずに鉢植えのままです、今年は花が終わる7月頃に剪定をして、ひとまわり大きな鉢に植え替えようと思います。

あじさいは、切花にもなるので、ガクをつんで、ガラスの小瓶に一輪浮かべるだけでも、とても可愛いアレンジになります。
いつものように写真に撮って楽しんだりしてます♪

コメントを残す

サブコンテンツ